スポンサーリンク

【レビュー】マグネット式充電ケーブルはワンタッチで充電できるから簡単、便利!オススメです!!

マグネット式充電ケーブルはワンタッチで充電できるから簡単、便利!オススメです!!ショッピング
スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットなどを充電するときのケーブルの抜き挿しって手間ですよね?

私は複数の端末を持っていて接続する端子の種類も違うのでケーブルが増えたり、端子を変換したりとなにかと不便でめんどうなんです。

なんとかならないかな~と思ってインターネットで探していたところ、マグネット式充電ケーブルを見つけました。これが思った以上に便利でビックリしましたね。

今回はこのマグネット式充電ケーブルをご紹介したいと思います。

Amazon , 楽天 , Yahoo!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品説明

この充電ケーブルはSUNTAIHOというメーカーのものです。このメーカーにした理由はケーブルの本数や長さが違うセットがいくつか用意されていたのと、端子単品でも販売されていたところですね。

本数や長さが違うセットがいくつか用意されている

私が買ったのはケーブル5本セットで長さは0.5mが1本、1.2mが2本、2mが1本、3mが1本です。同じ5本セットでも長さが違うセットもありますし、3本セットのものもあります。

どこで使うか?どうやって使うか?を先に考えて選ぶのがいいですね。私の場合は自分の部屋、リビング、会社、車、モバイルバッテリー用として5つの場所にケーブルを置きたかったので5本セットにしました。

こちらは3本セットです。おそらく普通に充電するなら3本あれば十分かもしれませんね。

端子単品でも売っている

このケーブル5本セットには端子が付属しています。USB type-Cが3個、USB type-Bが3、lightingが3です。

端子が足りない場合には追加で端子を用意しなければなりませんが、もし、端子単品で売っていなかったらケーブルを追加して買わないといけません。そうするとお金もかかりますし、ケーブルも増えてしまうんですよね。

マグネット式のメリットは1本のケーブルでいろいろな端末や機器を充電できるということなのでケーブルは複数必要ない場合がほとんどかと思います。端子だけ売っていていつでも追加できるというところはよかったですね。

同梱物

同梱物はセット内容によって違いますが、私の場合は5本セットになるのでケーブル5本と3種類の端子が3個ずつあったので、全部で9個の端子が付属されていました。

なお、電源コネクタは付属していませんのでコンセントから充電する場合はUSB電源コネクタが必要になります。

5本セットの同梱物
ケーブル全体
端子はケースに収納されている
端子は3種類(左:Lightning 中央:USB type-C 右:中央:USB type-B)
ケーブルに端子をつけた状態

Amazon , 楽天 , Yahoo!

良かったところ

ケーブルの差し替えがかんたん

とにかくこれが一番ですね。楽です。ケーブルを使って充電することのなにが手間かってケーブルの抜き挿しですよね。特にUSB type-Bの端子がついている端末は挿し込むときに向きを確認しないといけないですよね。でも、マグネット式ならケーブルをそのままくっつければいいのでかんたんなんです。

向きが合わないと挿し込めない
マグネット端子なら向きは関係ない
ケーブルをつけるだけなのでかんたん

このようにUSB type-Bの端子が見づらくて挿しづらい位置にある機器もマグネットならかんたんに接続できますね。

充電端子が見づらいところにある機器
マグネット端子なら向きを確認しなくていい

変換端子がいらない

これはAndoroid端末とiPhone端末のように違う種類の端末を使っていて、1本のケーブルで変換端子を使って充電している場合、変換端子を挿しかえる必要があります。これもめんどうなんです。

もちろん、それぞれの充電ケーブルを使えばいいんですけど、そうするとケーブルが増えてゴチャゴチャしますし、持ち歩くときにも荷物になります。マグネット式なら異なるOSの端末も1本のケーブルで充電できるので便利ですね。

iPhoneへ充電
同じケーブルでUSB type-Cの端末へ充電

ケーブルが複数ある

ケーブル1本だけでも充電するときに抜き挿しをすることがなくなるので便利ですが、ケーブルが複数あるとケーブルを持ち歩く必要がなくなるのでさらに便利になりますね。

マグネット式にしてしまうと専用のケーブルが必要になるので、持ち歩かないといけなくなります。ですが、いつも充電する場所にケーブルを置いておけば持ち歩く必要がなくなるので快適ですね。いろいろな場所で充電する機会がある人はセットで買うことをおすすめします。

高速充電に対応

このケーブルは高速充電に対応しています。今までと同じUSB電源アダプターで充電しましたが、あきらかに早いと感じました。実際にiPhone8plusを充電しましたが、20%から90%まで約1時間30分でした。今まで使っていたケーブルが古かったり、変換して充電していたりしたことにより遅かった可能性もありますが…

ケーブルに耐久性がある

この商品のケーブルは高耐久ナイロンと航空アルミ材が使われているため、耐久性があります。通常のケーブルと違って丈夫な印象ですね。多少の重さや折れにも耐えられそうです。

コネクタはアルミ素材
ケーブルは少しかため
通常のケーブルと比べて丈夫
マグネットは強力

保護キャップの代わりになる

私は端子がむき出しになっているのが嫌なので端末にキャップをつけて保護しています。このマグネット式の端子をつけることで保護キャップの代わりにもなるんです。

保護キャップ
ホコリなどから端子を保護できる

気になったところ

マグネット式のケーブルしか使えない

これはこの商品の一番のデメリットかもしれませんが、常にマグネット端子が接続されているので、このメーカー以外のマグネット式ケーブルや普通の充電ケーブルを挿すことができないということです。

もちろん、この商品以外のケーブルも挿せますが、常につけているマグネット端子を外さないといけないので手間ですね。

そのため、自宅や会社、車など、複数の場所で充電するには同じメーカーのマグネット式の充電ケーブルを置いておくか、持ち歩かないといけません。

端子が飛び出ている

メリットの逆になりますが、端子が保護されるのはいいんですが、意外と飛び出しているのでじゃまになったり、気になってしまうこともあるかもしれません。私も最初は思った以上に飛び出ていたので正直気になっていました。ここは人によって感じ方が変わると思いますが。

思った以上に飛び出ている
裏はすきまがあるように見える

常にライトがついている

ケーブルを電源に挿しているときは常に緑色のランプが点灯しています。個人的にはこれはちょっと気になりますね。充電していても、していなくても光っているので…ただ、ランプが表でも裏でもどちらでも充電できるので気になるなら裏にして充電すればそれほど気にはならないでしょう。

ちなみに私はこの記事[【レビュー】SwitchBot のスマートプラグはこんなに便利!使い方解説します!]でも紹介していますが、スマートプラグスイッチ付コンセントを使って充電するときだけ電源をオンにしてもいいですね。

常に緑色に点灯している

キャップがついている端子には使えない

特に防水仕様の機器には多いかと思いますが、端子にキャップがついているとマグネット端子をつけるとキャップをすることができなくなってしまうので使えません。防水の役割もなくなってしまいますしね。

キャップがしまらなくなる

最後に

iPhoneやAndoroid端末など、OSが違う端末を複数持っている人や対応する端子がある機器を複数持っている人にとってはケーブルの抜き挿しの手間もなくなりますし、ケーブルの本数も減らせるのでおすすめです。よかったら参考にしてみてください。

Amazon , 楽天 , Yahoo!

タイトルとURLをコピーしました