スポンサーリンク

【疑問】ウォーターサーバーのメリット、デメリットってどんなところ?

ウォーターサーバーのメリット、デメリットってどんなところ?サブスク
スポンサーリンク

最近、よく耳にするようになったウォーターサーバー。私も以前から自宅や職場で使っていますが、水道水より美味しいですし、ミネラル飲料水を買う手間もなくなったのでとても便利になりました。以前はスーパーでミネラル飲料水を買っていたのですが、これが苦痛で嫌でしたね…。重いしかさばるし。

そこで今回は改めてウォーターサーバーについていろいろ調べてみました。ウォーターサーバーを検討している人、別のウォーターサーバーに変えたい人がいたら参考にしてみてください。

74W
74W

ウォーターサーバーって実際どうなの??そんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウォーターサーバーとは?

まず、始めにウォーターサーバーってなに?という疑問からお答えしますが、一言でいうと自宅や会社などに設置する水が出てくる機械です。本当に一言ですが…

ただ、水といっても普通に水道水が出てくるわけではなく、天然水だったり、水素水だったり、普通の水道水とは違う水が出てくるんです。普通の水道水だったらウォーターサーバー必要ないですもんね…

自宅にいながら天然水や水素水を飲めるのが大きな特徴かもしれません。

水の種類

大きく分けると水には天然水と水素水があり、それぞれ成分や浄水の方法に違いがあります。天然水は自然の水を専用の工場や施設浄水していて、水素水は水道水をフィルターに通すことで作り出せます。

  • 天然水:採水地からくみ上げて浄水する
  • 水素水:水道水をフィルターに通して浄水する

ウォーターサーバーの種類

水の種類によってウォーターサーバーの給水方式が変わります。

私が実際に使っているのはボトル式です。それ以外にも水道に直接繋げる水道直結式や水道水を汲み入れる給水式があります。恥ずかしながらボトル式以外に種類があることを初めて知りました…

天然水の場合はボトル式。水素水の場合は水道水をフィルターに通して水素水にするため、水道直結式や給水式になるんですね。

ちなみにボトル式の場合、ボトルは家庭ゴミとして出せるものが多いようです。会社によっても材質が違いますので念のため契約時に確認してください。

  • ボトル式:水が入ったボトルを設置する
  • 水道直結式:水道とウォーターサーバーを直接繋ぐ
  • 給水式:タンクに水道水を入れる

ウォーターサーバーの良いところ

では、ウォーターサーバは何がいいのか?ということですが、私が実際に使ってみて感じたメリットは3つあります。

  • 水を買いに行く必要がない
  • 浄水された水が飲める
  • お湯が出る

水を買いに行く必要がない

これが一番だと思いますが、水を買いに行く必要がありません。普通ならコンビニやスーパーで水を買って、持って帰らないといけませんよね?天然水のウォーターサーバーならボトルを配達してくれますし、水素水や給水式のウォーターサーバーなら水道があればいいので買いに行く手間がなくなります。

毎回思いますが、重いんですよね。とにかく重い。しかも、水って毎日飲んだり、料理に使ったりするものなのでたくさん必要になります。だからこそ、買うこと、持つことが多くなるんですよね。間違いなくその苦労からは解放されます。

浄水された水が飲める

正直、私は水の成分なんてものはよく分かりません。何が良くて何が悪いのか、成分表を見てもこれなんだんろう?と思ってしまいます。でも、一つだけ言えることは実際に自分で飲むようになって『水が美味しい』というは分かりました。

ウォーターサーバーの水を飲むまでは水の味に違いがあるの?って思っていましたが、明らかに美味しさを感じることができました。ただし、水の種類や、温度、成分、飲み方で変わると思いますし、人それぞれ感じ方は違うと思いますのであくまで個人的な感想ですが…

お湯が出る

これはウォーターサーバーの種類によって出ない場合もありますし、水素水の場合は加熱してしまうと成分が変わってしまうようなので必ずお湯が出るわけではありません。

ですが、お湯が出るタイプのウォーターサーバーはいつでもお湯が出るので本当に便利です。普通ならヤカンとか電気ケトルで水を沸かさないといけないですし、電気ポットはお湯しか出ませんので。一つの機械で水とお湯が出るのはウォーターサーバーのメリットになるでしょう。

ウォーターサーバーの悪いところ

では逆にウォーターサーバーの悪いところはどんなところでしょうか?
こちらは4つあります。

  • スペースを確保しなければならない
  • 電気代がかかる
  • 水を使わないと意味がない
  • 解約金がかかる場合がある

スペースを確保しなければならない

これはペットボトルの水を買って保管する場合も同じことが言えるかもしれませんが、ウォーターサーバーを設置するスペースが必要になります。特にウォーターサーバーの場合、コンセントにつながないといけないため、近くにコンセントがある場所でないと設置できません。

また、幅と奥行きはスリムになものが多いですが、高さはそれなりに高くなると思うのでそれはデメリットになりうることかもしれません。

電気代がかかる

お湯が出るタイプのものは特に水をお湯に変えるため、電気代がかかります。常にお湯が出る状態に保たれているため、それなりに電力が必要になります。最近のものは電気ポットと同等かそれよりも省エネになっているようですが、少なくとも電気代はかかります。

水を使わないと意味がない

当然といえば当然ですが、水を飲んだり、水をつかったりする機会が少ない場合はウォーターサーバーの必要がないですよね。ウォーターサーバーによっては本体のレンタル代が発生するものもありますし、ボトル式でも定期的に配達されてしまうので水を使わないと損をしてしまいます。

解約金がかかる場合がある

これはウォーターサーバーを提供している会社によって変わりますし、ウォーターサーバーの種類や契約によっても異なると思いますが、解約するときに手数料や違約金が発生する場合があります。契約する前には必ず確認しましょう。また、無料期間や試用期間がある場合は試しに利用してみてから決めるのも良いでしょう。

最後に

今回、ウォーターサーバーについて調べてみて改めてとても便利だと感じました。やはり、この3つが大きいですね。

  • 水を買いに行く必要がない
  • 浄水された水が飲める
  • お湯が出る

ただし、お湯が出ないタイプもありますし、料金がかかるのと契約期間も決まっている場合もあるので注意が必要です。また、解約金、違約金が発生することもあるので契約時に確認しておくと良いでしょう。

注意!!
  • 契約期間が決まっている場合がある
  • 解約金や違約金が発生する場合がある

契約するまでには調べることや理解することも多いですが、面倒な時間や手間がなくなることを考えると使ってみて損はないように思います。無料期間やお試し期間がある場合もあるのでまずはそれぞれのサイトを見て比較してみてくださいね。

オススメのウォーターサーバーをご紹介!

この記事でオススメのウォーターサーバー6つを紹介しています。合わせて読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました