スポンサーリンク

【レビュー】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の特徴と実際に使ってみたストレートな感想

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の特徴と実際に使ってみたストレートな感想通信
スポンサーリンク

私はSoftBank Air(ソフトバンクエアー)というモバイルWi-Fiを使ってパソコンやスマートフォンのWi-Fi通信をしています。数年前までは固定回線を利用していたのでモバイルWi-Fiに変えるときは不安でしたが、思った以上に使えているので満足しています。

ただ、正直ちょっとここは…というところもありましたので、今回はSoftBank Airについて特徴や実際に使ってみた感想をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モバイルWi-Fiとは?

簡単にいうとこの機器を使うことによってパソコンやスマートフォンでWi-Fi通信ができるようになります。この機器を経由してインターネットへアクセスできるようになるわけですね。

この記事[【まとめ】モバイルWiFiを契約するときに注意することってなに?おすすめのモバイルWiFiはこの11社!!]でも紹介していますが、最近ではいろいろな会社でモバイルWi-Fiサービスが提供されています。モバイルWi-Fiを提供している会社によって料金、通信容量、通信速度が変わり、月単位一日単位での利用ができるところもあります。

SoftBank Airとは?

そんな数あるモバイルWi-Fiの中でソフトバンクが提供しているモバイルWi-FiがSoftBank Airです。『Airターミナル4BCMランキングWi-Fi回線機器市場機種別販売数』で第一位となっている人気の機器になります。

モバイルWi-Fiは小型の機器で持ち運びできるものが多いですが、SoftBank Airは据え置きタイプのモバイルWi-Fiとなります。つまり、基本的には外へ持ち出して使うものではなく、自宅などの室内に設置して利用します。

Softbank Air本体

私が使っているものはAirターミナル4というものになります。このようなスペックになっています。

SoftBank Air ターミナル仕様

ターミナル:Airターミナル4
サイズ(HxWxD) :約 225x103x103mm
重さ:本体 約 635g アダプタ 約 197g
通信方式:4G方式 AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE (3.5GHz)
通信速度:下り最大962Mbps
Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/ac 最大1.3Gbps
WiFiクライアント最大接続数:64

SoftBank Airの特徴は3つ

SoftBank Airの特徴はこの3つです。コンセントにさすだけで利用できるシンプルな設計になっています。また、下り最大962Mbps、データ容量無制限で使い放題のパワフルな通信環境を実現していて、ソフトバンクのスマホとセットで利用することでスマホ1台あたりの通信料金が1,100円(税込)割引になるという特典も用意されています。

SoftBank Airの特徴

  • シンプル設計
  • パワフルな通信環境
  • 条件がそろえば1,100円(税込)割引

シンプル設計

SoftBank Airの大きな特徴といえますが、コンセントにさすだけで簡単に利用することができます。例えば光回線の固定回線の場合、モデム(ONU)とWi-FiルーターをLANケーブルで接続する必要があります。

Wi-Fiルーターはいくつか端子があるのでどこにさせばいいのか分からない…なんてこともありますが、SoftBank Airは電源コンセントを繋ぐだけなので非常に簡単なわけです。

ちなみにどちらもWi-Fi通信する場合は利用するパソコンやスマートフォンでWi-Fi設定をする必要があります。ここは同じ操作となりますね。

同梱物も本体、電源ケーブル、Wi-Fi設定情報ラベル、LANケーブルのみです。

同梱物は4つだけ

パワフルな通信環境

毎月定額でいつでもどこでも本体から通信できる範囲であればWi-Fi通信が可能になります。データ容量の制限はありませんが、契約者の通信が集中する夜間などの時間帯ではサービスの安定提供を行うため、通信速度が不安定になる場合もあるのでそこは注意が必要です。

なお、ターミナルという機種の違いや設置する住所によっても変わりますが、下りの最大通信速度が962Mbpsとなっています。あくまで最大なのでこの通りになることは少ないかと思います。

しかし、目安としてメールやLINEなどは1Mbps、テキストのみのWebサイト閲覧は1Mbps、画像や写真がたくさんあるサイトなら10Mbps、ユーチューブなどで4Kの動画を視聴する場合は30Mbpsがあれば十分かと言われていますので、よほど通信環境が悪い所ではない限り問題なく利用できるのではないでしょうか。

通信速度は設置する住所によって変わるので把握しづらいと思いますが、こちらに住所別に予想速度をまとめたページが用意されているので参考としてみてみるといいでしょう。

条件が揃えば1,100円(税込)割引

ソフトバンクのスマートフォンとセットで1台あたりの通信料金が永年毎月1,100円(税込)割引になります。これには条件があり、おうち割光セットが適用されていてデータプランメリハリ/データプランミニフィットの場合ということです。条件の詳細は契約前に確認するといいでしょう。毎月1,100円の割引は大きいですよね。

料金は購入とレンタル

SoftBank Air本体の購入とレンタルで料金が変わります。またどちらも初期費用として契約事務手数料3,300円(税込)が発生します。

購入

購入した場合、SoftBank Air月額基本料金5,368(税込)円とは別にAirターミナル機器代金59,400円(税込)がかかります。一括購入、24回、36回、48回の分割払いが可能です。なお、Webからの申し込みの場合は一括購入の支払いはできません。

また、月月割という割引があり、基本料金から毎月1,650円(税込)、36回割引されます。つまり、36回割引されると合計で59,400円(税込)となるのでAirターミナル機器代金が実質無料になるということですね。月月割が36回なので分割払いの回数が24回、48回の場合は月の支払いが変わることがあるので合わせて確認するといいでしょう。

レンタル

レンタルの場合、SoftBank Air月額基本料金5,368(税込)円とAirターミナル月額レンタル料539円(税込)がかかります。こちらは分かりやすい料金設定ですね。

ただし、SoftBank Airの契約期間は2年間(自動更新)です。契約期間満了の月以外で解約した場合は9,500円の解除料が必要になるので注意が必要です。

私自身、複数の通信サービスを利用してきましたが、解約に関しては必ず確認するようにしています。解約するときに支払いが必要になるのか?違約金が発生しない月はあるのか?などを細かく見ています。分からない場合は契約する前に確認するといいでしょう。

申し込み方法

申し込みは3つ、インターネット、電話、ショップから申し込みができます。私はインターネットから行いました。ソフトバンクのスマートフォンやYahooBB!のサービスを契約していると申込方法が変わります。インターネットの場合、質問形式で進められるので分かりやすいですね。

電話での申し込みは通話料無料の番号があるので親切ですが、午前9時から午後10時までしか対応していませんのでこの間に電話する必要があります。

ショップの場合は実際にお店のスタッフが対応してくれるので直接いろいろ質問できるので安心です。ただし、ショップによっては契約できないところもあるようなので事前に確認することをおすすめします。

SoftBank Airの申込方法
  • インターネット
  • 電話
  • ショップ

接続方法は2つ

SoftBank AirにはLAN接続端子がついているので有線接続が可能です。しかも、端子が2つあります。Wi-Fiの場合、無線通信になるので使用する端末との距離が離れていたり、壁などがあったりすると不安定になることもありますが、有線接続ですと直接ケーブルで本体と端末を接続するため、Wi-Fiよりは安定して通信できます。

LAN接続(有線接続)

実際に私はハブを使ってパソコン、テレビ、Wi-Fiテレビチューナー、デジタルチューナーをLAN接続して、自宅内で移動して使うことがあるノートパソコン、スマートフォン、タブレットはWi-Fi接続して使っています。このように使い分けることができるのでLAN接続端子があるとなにかと便利ですね。

上:LAN端子(2つ) 下:電源端子

Wi-Fi接続(無線接続)

パソコンやスマートフォンなどでWi-Fi接続を行う場合は非常に簡単です。SoftBank Airをコンセントに接続したらWi-Fi設定を開きSoftBank Airの本体識別番号を選んで、同梱されているWi-Fi設定情報ラベルの暗号キー(パスワード)を入力するだけです。

上:本体識別番号 下:暗号キー
本体の裏面と底にもシールあり
Wi-Fi設定の手順
  1. パソコンやスマートフォンのWi-Fi設定を開く
  2. SoftBank Airの本体識別番号を選択(タップ)する
  3. Wi-Fi設定情報ラベルの暗号キー(パスワード)を入力する

実際に使ってみた感想

設定が簡単

個人的にはこれがモバイルWi-Fiの一番の良さだと思っていますが、とにかく簡単に設定することができます。本体はコンセントをつなぐだけで複雑な配線や初期設定なども必要ないですし、スマートフォンなどの通信端末でのWi-Fi設定を行うだけで通信ができるので固定回線よりは早くて楽だと感じました。

移動が簡単

本体は約635gなので同じ建物内であれば簡単に別の場所へ移動させることができます。もし、住所が変わる場合は住所変更の手続きが必要になりますが、引越しのときも配線が少なく持ち運びしやすいのでこれも大きなメリットといえるでしょう。

通信について

私はSoftBank Airを契約する前に悩んでいたことがありました。それは『通信は安定しているのか?』ということでした。今までいくつかモバイルWi-Fiルーターを使ってきましたが、やはり固定回線と比べると不安定な印象でした。SoftBank Airの前にはGMOとくとくBBの据え置きタイプを使っていましたが、これは問題なく使えていたのでそこは気になるところでしたね。

実際に使ってみて正直なところ不安定なときはありました。パソコンでは大容量のデータのアップロード、ダウンロードのやり取りをするわけではないので影響はありませんが、ゲームにおいては回線が落ちることが何度かあります。

これは難しいところですが、他の会社のモバイルWi-Fiルーターを同じ場所に設置していたとしてもその会社の通信エリアやルーターの機種、通信環境によって変わるのではないかと思っています。ですので、すべての場所で不安定になるわけではないでしょう。

もし不安定だったら?

万が一、不安定だった場合は設置する場所を変えてみると改善する場合もあります。例えば2階建ての建物内で1階に設置しているのであれば、2階に設置してみることで設置場所が高くなるため、通信しやすくなるかもしれないですし、北側に置いていて不安定なときは南側に置いてみることで壁や家具の影響が受けにくくなって安定するようになるかもしれません。

他にもお金がかかってしまいますが、Wi-Fi中継器を設置してみるのも一つの手ではないでしょうか。Wi-Fi中継器があれば電波が届きにくい場所でもその電波を中継してくれるため、安定した通信が行えるようになります。

実際に私はこの中継器の少し前の機種を使っていますが、だいぶ改善されました。これはコンセント一体型になっているので場所を取らず目立たないので気に入っています。

Amazon , 楽天 , Yahoo!

8日以内であれば無料で解約できる

また、SoftBank Airでは8日以内であれば解約金がかからず無料で解約できるようになっているため、実際に使ってみてあまりに不安定で使いづらいようなら相談してみるといいでしょう。

契約のキャンセル(8日間キャンセル)

店舗、オンラインでご契約いただいた個人のお客さまについて、ご契約のキャンセルのお申し出が可能です。

一部引用:契約のキャンセル(8日間キャンセル)

最後に

SoftBank Airは設置や設定時間もかからず、移動も楽なので非常にメリットが多いので個人的にはおすすめです。ただし、通信環境は設置する住所や場所で変わりますし、解約に関しては支払いが多くなることもあります。それらのことをしっかり調べてから契約することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました