スポンサーリンク

【解説】ネット銀行って使いやすい?実際に使って感じたメリット、デメリット

生活
スポンサーリンク

私は数年前からネット銀行(インターネット専業銀行を利用しています。私がネット銀行を利用しようと思った一番の理由は『銀行へ行くのが面倒くさい』ということでした。

家の近くに銀行があるとか、帰り道に銀行があれば立ち寄ればいいと思いますが、少し離れた場所に銀行があるとわざわざそこへ行かなければなりません。しかも、行く時間によっては手数料もかかります。

ネット銀行を利用することによって時間とお金が節約できました。これは大きかったですね。ですが、その分、パソコンやスマートフォンで操作することになるので慣れないと非常に不便に感じるかもしれません。

今回は私がメインバンクとして使っているネット銀行の楽天銀行を参考にして、気づいたこと、感じたこと、メリット、デメリットをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ネット銀行とは?

そもそもネット銀行とはなんでしょうか?というところからお話しします。一言でいうと実店舗がない銀行といえるのではないでしょうか。通常、銀行とは建物があって、その中に行員がいて、窓口があって、ATMがあります。そこへ行くことでお金を預けたり、引き出したり、積み立てや資産運用の相談などをすることができるわけですね。

しかし、ネット銀行には人がいません。お金を引き出す、預け入れるときは提携しているコンビニATMなどで行います。また、振り込みもインターネットの画面で行うので実際に紙幣や貨幣を扱うことはありません。問い合わせも行えますが、メールや電話での対応になります。そこが最大の特徴とえるでしょう。

楽天銀行のトップページ

これは私も利用している楽天銀行の画面になります。ここからログインを行い、各種サービスを利用することができます。楽天銀行はクレジットカードの楽天カード、電子決済の楽天Edyを連携して利用することでポイントの還元が非常に多くなります。とてもお得なのでおすすめです。

メリット

実店舗がないと不安ですよね。実店舗がある銀行であれば困ったこと、聞きたいことがあったときに銀行へ行って直接聞けるわけですから。では、ネット銀行のメリットってなんでしょう?ここからは私が思うネット銀行のメリットをいくつかあげたいと思います。

時間の節約になる

ネット銀行は実店舗がないため、銀行のATMがありません。では、どのようにすればお金を引き出したり、預け入れたりすることができるのか?それはコンビニのATMを利用することです。ネット銀行ではコンビニと提携してコンビニ内のATMを利用して引き出し、預け入れができるようになっています。これがとても便利なんです。

通常、お金を引き出す、預け入れる場合は銀行のATMへ行かなければなりません。それだけのために銀行へ行く必要があります。ですが、コンビニのATMが利用できるのであれば買い物するついでにATMを利用できるわけです。これは時間の節約に繋がりますよね。

しかも、24時間営業しているコンビニならいつでもATMを利用できるんです。これが便利すぎて驚きました。

ATM利用手数料が回数制限付きで無料になる

これは生活環境によって変わることなので必ずメリットになるというわけではありませんが、条件や利用する方法によってはメリットになるかもしれません。

例えば、ある銀行では平日の8:00~19:00までATM利用手数料が無料だったとしましょう。この場合、この時間内でないと無料になりません。これがなかなか大変なんですよね。この時間内に銀行のATMへ行かないといけないですし、急にお金が必要になることもあります。

ネット銀行では条件を満たすと月に利用できる回数が決まっていますが、コンビニATM利用手数料が無料になることがあります。

実店舗がある銀行 : ATM手数料が時間によっては無料になる
ネット銀行 : ATM手数料が回数によっては無料になる

実際に私は実店舗がある銀行をメインで利用していたとき、なかなか無料になる時間帯に行くことができずに何回も手数料を払っていました。しかし、ネット銀行を利用するようになり手数料が無料になる回数分だけコンビニATMを利用することで手数料を削減することができました。コンビニのATMなら時間を気にする必要もありません。

いつでもどこでも取引きができる

最大のメリットと言えるのかもしれませんが、ネット銀行はパソコンやスマートフォンで振込みの処理を行うことができます。『時間がなくて銀行へ行けない!』『急ぎで振込みをしたい!』そんなときには非常に便利です。

特にスマートフォンでも振込みができるので外出していてもその場で振込みができてしまいます。私も出先で振込処理をすることがありますが、これほど便利なことはないと言ってもいいでしょう。

Web上で口座情報の確認ができる

ネット銀行は通帳がありません。通帳の代わりにWeb上で残高や入出金の履歴をいつでも確認することができます。これも便利ですね。

もちろん、常に通帳を持ち歩けばWebで見る必要はありませんが、それでは荷物になりますし、通帳を持っているということは記帳もしなければなりません。手間が多いですよね。

Webで見れるということはパソコンだけではなくスマートフォンでも見ることができます。

楽天銀行アプリメニュー

また、パソコンからデータをダウンロードすることができます。これがとても便利なんです。例えば、普通ですと家計簿を作るとしたらノートなどに書いていきますよね?もし、データがダウンロードできればExcelなどでまとめることができます。数年分の取引も簡単に見ることができますし、計算も簡単にできるようになります。

楽天銀行の入出金明細ダウンロード

デメリット

そんなメリットが多いネット銀行ですがデメリットもあります。人によってはデメリットが大きいと感じるために利用していない人が多いかもしれません。実際に私自身も最初の頃はデメリットを感じていたことがありました。

パソコンやスマートフォンの操作が必要

なんといってもこれですね。ネット銀行はパソコンやスマートフォンの操作が必要になります。口座開設もインターネットで手続きしないといけないため、インターネットに慣れていないと大変でしょう。

特に口座開設には個人の情報入力だけでなく、身分証明書を撮影し、画像をアップロードする作業も必要になります。これを一人でパソコンに向き合ってやっていたので大変でしたね。口座解説の流れなどで丁寧に解説されているのでそれを見ながら進んでいけば問題なく手続きできるかと思いますが、それでも最初は大変と感じるかもしれません。

楽天銀行の口座開設の流れ

また、振込みなどもパソコンやスマートフォンで行いますが、これも少し大変です。何が大変かというと、単純に振り込むだけではなく認証作業が必要になるからです。これはセキュリティを強化する目的ですので決して無駄なことではなくむしろ必要なことではありますが、手間と感じることもあるでしょう。

例えば、私は複数のネット銀行を利用していますが、銀行によってそれぞれ認証方法が違います。これは一例ですがこれ以外にもいろいろな認証方法があります。

  • メールアドレスに振込みの通知が届いて、そこにあるリンクをクリックする方法
  • アプリに表示されるワンタイムパスワードを振込み処理の際に入力する方法
  • アプリで振込内容を確認し、承認のボタンを押す方法

このようにパソコンの振込処理の他にその振込処理を承認する別の処理も必要になります。

直接人に質問、相談することができない

パソコンやスマートフォンで取引きをするため、すべてWeb上で操作を行います。実店舗もないため、問い合わせや相談もすべてメールか電話になります。これも大変ですね。

以前、分からないことがありサービスセンターへ連絡したことがありましたが、込み合っていてなかなか繋がらず、返答までに時間がかかったことがありました。今では電話やメール以外にもチャットで問い合わせができるネット銀行もあるので昔と比べたら楽になっているようですが、それでも直接人と対面で話しができないのは場合によっては苦労することもあるでしょう。

楽天銀行ではチャットでの問合せもできる

実際に利用してみて思うこと

手数料削減と電子決済導入

私はお金を引き出すときにコンビニATMを利用しています。私が利用している楽天銀行では月の無料回数が決まっています。この無料回数は利用している銀行や契約しているサービスなどの条件によって変わります。

私は節約のため、無料回数分しか引き出しをしないようにしています。条件によっては月に1回しかできない場合もあるでしょう。実際に私は以前まで条件の兼ね合いでATMの利用回数が月に1回しか無料にならない時期がありました。そのとき、どうやって決められた無料回数の中でやりくりすればいいのか?考えたことがありました。無料回数を超えて引き出しを行うと手数料がかかってしまうからです。

そして、思いついたのが、電子決済やQRコード決済を利用することでした。これらを利用することで現金を持つことが減ります。現金を持つことが減るということは、現金を引き出すことも減らせます。
suica、楽天Edy、IDなどの電子決済やPayPay、LINEpayなどのQRコード決済はいろいろなお店で利用できます。それらを駆使すれば現金で支払うことが格段に減るでしょう。さらに電子決済はポイントも還元されるので現金で支払うよりも得をします。まさに一石二鳥です。

ATM利用手数料 : 無料回数分だけ引き出す

現金を持たない : 電子決済やQRコード決済を利用

Webで振込み

個人的に便利だと思っているのは振込みです。基本的には振込みも手数料がかかります。しかし、引き出しや預け入れと同様に振り込みも条件によっては手数料が無料になる場合があります。

私が地方銀行をメインで利用していた頃、他の銀行へ支払うことが何度もありました。別の銀行へ振込みを行う場合、手数料がかかります。手数料を気にしなければ普通にメインの銀行へ行ってそこで他の銀行へ振り込みを行います

手数料を無料にするため、メインの銀行で現金を引き出し、振込先の他の銀行まで移動してそこから振込先の口座へ振込みをしていました。同じ銀行なら手数料が無料になります。手数料節約のために時間も手間もかけていました。

これがネット銀行なら銀行へ直接行く必要もありませんし、web上で振込みができるので時間もかかりません。お金も時間も節約できるわけです。

メインで利用しているA銀行で引出し → B銀行へ移動して → B銀行から振込み
 ↓
インターネットでメインで利用しているネット銀行からB銀行へ振込み

最後に

ネット銀行は対面で人と直接話しをしたり、相談したりすることはできません。そのため、大変に思うこともあるでしょう。しかし、一度覚えてしまえば手数料の削減や取引きをデータ化してより便利に利用することができます。

また、電子決済やQRコード決済を導入することでデメリットを補えますし、ポイント還元というメリットを得ることもできるのでより便利になることでしょう。

始めからすべて移行するのではなく、まずは口座を開設してみて実店舗がある銀行と併用して少しずつ慣れるといいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Edy-楽天ポイントカード
価格:330円(税込、送料別) (2020/8/23時点)

楽天で購入

タイトルとURLをコピーしました