スポンサーリンク

【解説】U-NEXTの特徴とトライアルで注意する2つのことってなに?

U-NEXTの特徴とトライアルで注意する2つのことってなに?エンターテインメント
スポンサーリンク

最近、テレビCMやインターネットでよく見かけるU-NEXT。簡単にいうと映画、アニメ、ドラマ等の動画コンテンツ漫画、雑誌等の電子書籍コンテンツスマートフォンやタブレットの端末で利用することができるサービスです。

U-NEXTのサービスは?
  • コンテンツ動画電子書籍
  • 視聴方法:スマートフォン、タブレットなど

今回はU-NEXTの特徴とメリット、デメリット、そして、他の動画サービスより高い理由も合わせて解説したいと思います!私はちゃんと調べなかったのでトライアル期間(無料期間)なのに料金が発生しちゃいました…もし、無料で試したい場合はそのようなことにならないように気をつけましょう。

74W
74W

トライアル期間中に注意する2つのことも説明するよ!!

スポンサーリンク

U-NEXTとは?

U-NEXTとはVODサービスの一つです。

このVODとはビデオオンデマンドの略です。インターネットから動画を配信して、契約ユーザーは固定月額料金を支払うだけで配信された特定の動画を無制限に利用することができます。特定の動画なので無制限ではない作品もあります。

また、インターネットに接続できる環境であればスマートフォンやタブレットでも視聴できてしまいます。ここがVODサービスのいいところでしょう。

ただし、Wi-Fiがない環境ですと通信費がかかります。インターネットでの動画再生は非常に通信量が多いため、通信量の制限がある場合は注意が必要です。U-NEXTは作品をダウンロードできるため、これに関しては気にする必要はありません。

月額プラン

見放題作品が楽しめる

基本料金1,990円(税抜)で対象の動画と書籍が見放題になっています。見放題ではない作品は有料(ポイントの使用、または追加支払い)となります。

基本料金:1,990円(税抜)
動画見放題:約18万本
動画レンタル:約2万本(ポイント作品)

U-NEXTで取り扱っているジャンルと作品数はこのようになっています。

ジャンル見放題レンタル
洋画・邦画約8,400作品 約1,500作品 
海外テレビドラマ約700作品 約220作品 
韓流・アジアドラマ約960作品 約160作品 
アニメ約3,300作品 約220作品 
キッズ約930作品 約20作品 
その他約50,000作品 約8,000作品 

U-NEXTは動画だけでなく漫画やライトノベル、雑誌の読み放題もあります。

ジャンル読み放題購入
マンガ- 約300,000作品 
書籍- 約230,000作品 
ライトノベル- 約40,000作品 
雑誌約80誌以上 - 

上記はすべて2020年5月時点の情報となっています。

ポイント1,200円分が含まれている

そして、基本料金にはあらかじめ1,200ポイントが含まれています。月額の基本料金を払うことによって自動で1,200ポイントがチャージされます。

ここで、注意しなければならいのは見放題対象作品以外は追加料金が発生するということです。動画レンタル、書籍などの購入はこのポイントを使うことで利用することができるわけです。

1ポイント=1円 なので、毎月1,200円分までは追加料金が発生しません。

ポイント1200円分で利用できる有料コンテンツの一例です。

  • 動画の別料金レンタル(最新映画約2本)
  • 書籍の購入(約2冊)
  • 映画割引クーポン

別料金レンタル対象の映画約2本、または書籍約2冊、その他にも映画の割引チケットでも利用できます。

月額プラン1490

今回調べてみて初めて知りましたが、U-NEXTでは長期利用のお客様向けの見放題作品の視聴、雑誌読み放題サービスのプランがあります。通常の月額プランとは少し違いますね。

  • 月額利用料は1,490円(税抜)
  • 毎月のポイントはチャージされない
  • 見放題以外の有料作品は別途料金が発生する
  • 1年以内で解約の場合、違約金5,000円(非課税)が発生する

大きな違いはポイントのチャージがないのと違約金が発生するということでしょうか。見放題作品中心で長期間利用するにはいいプランではないかと思います。

メリット

個人的には感じたU-NEXTの大きなメリットはこの5つです。

  • ジャンルの種類が豊富で作品数が多い
  • アカウントが4つある
  • ポイントが還元される
  • 視聴できる端末が多い
  • ダウンロードすることができる

ジャンルの種類が豊富で作品数が多い

動画だけでなく、漫画、雑誌もあり、人気作品、話題作が多く揃っています。動画は邦画・洋画の映画、海外・国内・アジアのドラマ、アニメ、子供用、アダルトもあります。

他の動画サービスで海外ドラマが多い印象を受けることがありますが、U-NEXTは日本のドラマが多いように感じます。個人的にはここがいいところだと思いました。

アカウントが4つある

アカウントが4つあります。例えば月額1,990円(税抜)を4人で割ると実質1人約500円(税抜)になります。家族で利用すればかなりお得になりますね。また、視聴、購入制限もできるのでお子さんが使う場合も安心できます。

ポイントが還元される

1,000円分のマンガを購⼊したり、最新映画をレンタルしたりすると、最⼤400円分のポイントが戻ってくることがあります。

条件もありあくまで最大ですので少ない場合もありますが、ポイントの還元は利用するほどお得になるのでこのようなサービスがあることはいいですね。

視聴できる端末が多い

テレビ、パソコン、スマホートフォン、ゲーム機、様々な端末から視聴できます。家の中で利用する。外で利用する。普段よく使う端末でそのまま利用できる。いろいろな選択肢があるので自分に合わせた環境で見ることができます。どんな人でも利用できるということですね。

ダウンロードすることができる

スマートフォンのアプリ専用になりますが、作品をダウンロードすることができます。ダウンロードすることによって通信料の節約ができるので、これも嬉しいサービスです。ただし、データ通信量が大きくなるかと思うのでダウンロードする際はWi-Fi環境で行うことをおすすめします。

デメリット

デメリットとしてはこの2つです。

  • 他の動画サービスと比べると料金が高い
  • トライアル期間(無料期間)でも料金が発生する場合がある

他の動画サービスと比べると料金が高い

他の動画サービスと比べると料金が高い印象です。

有名なVODサービスの料金を比べてみました。あくまで料金だけの比較と税抜、税込はそれぞれのサービスでの表示になります。

VODサービス料金
U-NEXT 月額1,990円(税抜)
Hulu 月額1026円(税込)
Netflix 月額800円(税抜)~¥1,800円(税抜)
dTV 月額500円(税抜)
Amazonプライム 月額500円(税込)または年額4,900円(税込)

HuluとAmazonプライムは税込料金です。Netflixは3つのプランがあり、画質や同時視聴画面数の違いによって料金がかわります。Amazonプライムは月額プランと年額プランがあります。年額プランだと月額約408円になります。

なぜ、料金が高いのか?

しかし、料金が高いのには理由があります。なぜならばその分、作品数が多く、映画、ドラマ、アニメ、漫画、雑誌、書籍等、サービスが充実しているからです。

他の動画サービスでは映画やドラマ、アニメを取り扱っているところが多いですが、U-NEXTは違います。月額料金とここに含まれているポイントで漫画、雑誌、書籍等を利用できるのがU-NEXTの大きな特徴ではないでしょうか。

動画見放題、雑誌読み放題の他にポイントで漫画、書籍等のサービスが利用できるので料金は高くなっています。

トライアル期間(無料期間)でも料金が発生する場合がある

U-NEXTはトライアル期間の登録であってもクレジットカードを登録しなければなりません。
これは本契約への契約更新が自動で行われるのと、有料コンテンツを見る際に料金が発生するためです。

  • 自動でトライアル期間から本契約へ更新される
  • 有料コンテンツを利用した場合、無料期間でも料金が発生する

私はトライアル期間なのに料金が発生してしまいました

なぜならばすべての作品が無料で視聴できると思っていたため、料金が発生することを知らずに別料金が発生する有料コンテンツを視聴してしまったからです。

無料期間中に料金が発生しないようにするには

  • 無料登録(トライアル)開始後、31日以内に解約する
  • 合計600円以上の有料コンテンツは利用しない

この2つのことを守れば問題ありません。

無料登録(トライアル)開始後、31日以内に解約する

31日以内に解約するには自分で覚えておく必要があります。

無料登録をした際にクレジットカードの登録を行いますが、本契約になると登録したクレジットカードから自動で支払いの処理が行われます。ですので、無料期間がいつまでなのか覚えておいて、本契約になる前に解約すれば料金は発生しません。

有料コンテンツは利用しない

また、本契約では1200ポイント(1,200円分)が利用できますが、無料期間中には600ポイント(600円分)の利用が可能です。無料コンテンツはどんなに利用しても無料ですが、有料コンテンツは無料期間中でも600ポイント以上利用した場合は料金が発生してしまいます。

ここは重要です。私は600ポイント以上の有料コンテンツを利用してしまったわけです。

トライアルの登録

トライアルの登録の手順を簡単に説明します。サイトに手順が載っているのでそれほど難しくはありません。

登録に必要なもの2つ

登録にはメールアドレスとクレジットカードが必要になります。

  • メールアドレス : 登録、承認や問い合わせ等で使用
  • クレジットカード : 料金の支払いの際に必要

登録の流れ

こちらからU-NEXTのホームページを開いて無料トライアルのボタンをクリックしてください。

このページでは名前、生年月日、メールアドレス、パスワード、電話番号を入力します。

次にクレジットカード情報を入力します。ここに無料期間がいつまでか表示されるのでメモなどをとっておいてください。

この場合、2020年6月23日までに解約すれば無料となり、料金は発生しません。
ただし、有料コンテンツを利用してしまった場合は料金が発生してしまいます。

最後に入力した情報に間違いがないか確認して送信ボタンをクリックします。

その後、登録完了のメールが届きます。
※これは私が以前実際に登録したメールになりますので無料期間は過去の日付となっています。

解約の手順

解約の手順はリンクに説明がありますのでこちらをみてください。U-NEXTのサイトで丁寧に説明されているのでこの通りに行うとスムーズに手続きができると思います。

ヘルプセンター > 各種お手続き > 契約内容の確認・変更・解約 > 解約方法がわからない

解約方法がわからない | U-NEXTヘルプセンター

実際に料金が発生してしまったときの状況

ちなみにこれは以前私が無料トライアルに登録して、600ポイント(600円)しか使えない無料期間中に1890ポイント(1,890円)の有料コンテンツを購入したことにより、1,290円(1290ポイント)の請求が発生してしまったときのメールになります。

無料期間のみ利用したい、試しに登録してみたい、という人は私のようにならないように気をつけてくださいね。

音楽chポイントサービス(SMART USEN)

U-NEXTは動画、書籍の他にも音楽サービスも提供しています。すべてのエンターテイメントを扱っている訳ですね。その名もSMART USEN月額490円(税別)でジャンルやシーンに分けられた約1000chの音楽が聴き放題になるサービスです。

なおSMART USENは単独でも契約できますが、U-NEXTのアカウントでSMART USENを契約することができます。それを音楽chポイントサービスと呼びます。

音楽サービス:SMART USEN
料金:月額490円(税別)
チャンネル数:1000ch(ジャンル、シーン、番組)

メリット

例えば最新の曲のチャンネルではJ-POPの最新曲を中心にランダムで音楽が流れるようになっています。ドライブチャンネルではアップテンポな曲が流れるようになっています。

チャンネルを選ぶと自分の気分や聴きたいジャンルの曲をランダムに聴くことができるため、面倒な検索をしたり、曲を集めてマイリストなどを作ったりする必要もありません。

デメリット

ただし、チャンネル内の曲を選んだり、再生中の曲を早送り、巻き戻ししたり、次の曲へ飛ばしたりすることはできません。どちらかというとBGMとして聴くことが目的ならばとても使いやすいサービスといえるでしょう。

音楽chポイントサービスの特徴

U-NEXTのアカウントがあってSMART USENを契約すると音楽chポイントサービスになるわけですが、これには特典があります。それは前月のSMART USEN利用状況によってU-NEXTのポイント(1ポイント=1円)が還元されることです。

前月利用した場合:61ポイント
前月利用しなかった場合( 一度もチャンネルを再生しなかった場合):600ポイント

前月一度でも再生した場合は61ポイント、一度も再生しなかった場合は、なんと600ポイントがプレゼントされます。このポイントをU-NEXTの有料コンテンツの動画作品や電子書籍で使うことができます。

音楽サービスも利用したい場合はかなりおすすめな内容になっています。何よりU-NEXTですべてのエンターテイメントが一括利用できるので、アカウント、パスワード、アプリを複数持つ必要がなくなります。U-NEXT一つあれば他は必要なくなるというわけですね。

最後に

U-NEXTは他のVODサービスとは違って料金が高い訳ですが、その分、漫画、雑誌、書籍等の動画以外のコンテンツも充実しています。そして、別契約になりますが、音楽サービスもあります。ここまで揃っているところはあまり見かけません。

もし、気になる場合は無料トライアルに登録して実際に利用してみるのがいいでしょう。ただし、その際は私のように間違って料金が発生しないように注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました