スポンサーリンク

【解説】スマートフォン2台持ちのメリットはこの2つ!

スマートフォン2台持ちのメリットはこの2つ!通信
スポンサーリンク

私はスマートフォンやタブレットなどの通信端末を2台以上所有しています。理由は単純でスマートフォンなどのガジェットが好きだからです。ただ、それだけです。

好きだから所有しているわけですが、実際に良かったことがありました。

そこで今回はスマートフォンを2台持っていると何が良いのか?これをテーマにして解説してみたいと思います。

もう1台の端末はSIMカードがなくてもいいですし、タブレットでも問題ありません。

74W
74W

2台あると何かいいことあるの??

スポンサーリンク

2台持ちのメリットとは?

私が思うスマートフォンの2台持ちのメリットは大きく2つあります。もちろんその他にもいくつかあげられますが、特にこの2つが重要ではないでしょうか。

  • 今使っているスマートフォンのデータ共有
  • メイン端末の負担軽減

また、2台持ちといっても無理して2台目を購入する必要はありません。お金がかかりますから…。機種変更して不要になった古い端末があればそれで十分です。再利用として活用することができますので。

今使っているスマートフォンのデータ共有

私が以前、海外のちょっと珍しいスマートフォンをメイン端末として使っていた頃。ある日の朝、起きたら画面が真っ黒になっていて一切操作できなくなってしまったことがありました。

74W
74W

なんじゃこりゃ~!!!終わった…

しかし、幸いなことに『以前使っていたスマートフォンが手元に残っていたこと』『アカウントを同期していたこと』『SIMカードのサイズが合っていたこと』により以前使っていたスマートフォンにデータを復元させて、使えなくなったスマートフォンと同じ状態に戻すことができました。

74W
74W

あっぶね~元に戻ったよ!助かった!!

Wi-Fi専用端末でもデータの同期、復元は可能です。しかし、古いスマートフォンが壊れてしまって同期できない場合は元には戻せません。

モバイル保険で安心に使える

ちなみに使っている機種によっては対応していないスマートフォンもありますが、『モバイル保険』というサービスもあります。月額料金を支払うことで破損、水没、故障などを補償してくれるのでよかったら調べてみてくださいね。

→ もしもの為に。【モバイル保険】

データはクラウドに保管されている

こんなイメージです。クラウド(Cloud)というのはインターネット上のどこかという意味です。
インターネット上のどこかのサーバーにデータが保管されています。

スマートフォンのクラウドでの同期

スマートフォン内ではなくインターネット上にデータが保管されるのでもし今使っているスマートフォンが壊れてしまっても、別のスマートフォンにデータを復元させることで元に戻すことができます。ただし、これには条件があります。これらの条件がそろっていないとダメなんです。

この条件が揃ってないとダメ!
  • スマートフォンを2台持っていること
  • データの同期をしていること
  • SIMカードのサイズが合うこと

スマートフォンを2台持っていること

大前提としてスマートフォンが2台ないと今までと同じように使うことはできません。また、もう一つのスマートフォンが壊れていて起動できない状態だった場合も復元できません。とうぜんといえばとうぜんですが…

データを同期していること

アカウントを同期しているとデータがスマートフォン内ではなくインターネット上に保管されるので、どんなスマートフォンでも同じデータの状態にすることができます。

アカウントというのは分かりやすくいうと使用者を特定するものです。例えばあなたが部屋の鍵を持っているなら、自由にその部屋のドアを開け閉めすることができるので好きなときに出入りできますよね?

アカウントという鍵を持っているとデータが保管されている場所へアクセスすることができるので、好きなときにデータを取り出すことができるわけです。これは私のイメージとしての説明なので正しいか分かりませんが、そんな感じです。

このアカウントはAndoroid端末ではGoogleアカウント、iPhon端末ではApple IDとなります。それぞれメールアドレスとパスワードの2つがセットで鍵となります。

アカウントのメールアドレス、パスワードを忘れてしまった場合は同期も復元もできません。

AndroidとiPhoneの同期設定はこのように行います。

Androidの同期設定

設定をタップする

アカウントをタップする

googleアカウントをタップする

アカウントの同期をタップする

同期したい項目をタップする

iPhoneの同期設定

設定をタップする

アカウントをタップする

iCloudをタップする

同期したい項目をタップする

SIMカードのサイズが合うこと

Wi-Fi環境で使用するのであればSIMカードをセットする必要はありませんが、通話を行うにはSIMカードを端末に入れないと通話ができません。そのため、SIMカードのサイズが合うことが条件となります。

SIMカードの種類

SIMカードのサイズは3種類あります。現在主流のサイズはnanoSIMカードになりますが、古い端末の場合はサイズが異なりますので注意が必要です。

  • 標準SIM:25mm × 15mm
  • microSIM:15mm ×12mm
  • nanoSIM:12.3mm ×8.8mm
スマートフォンsimカードのサイズ
左:nanoSIM 右:microSIM
※標準SIMは最近見ないので載せていません…

このようにwebで検索すると自分が使っているスマーフォンのSIMカードのサイズが分かります。

○○(自分が持っているスマートフォンの名前) SIMカードサイズ

SIMカードスロットの種類

SIMカードはスロットからセットすることができます。現在はPINタイプが主流ですが、古い端末はキャップタイプの端末もありますね。

スマートフォンpinタイプsimスロット
PINタイプ
スマートフォンのキャップタイプのsimスロット
キャップタイプ

メイン端末の負担軽減

もし、一台のメイン端末しか持っていないとしたら、すべての操作をその端末で行うことになるので、とうぜんですが負担が大きくなってしまいます。負担が大きくなれば内部の機器が劣化することもあるでしょうし、何より電池の消耗が激しくなり、結果的に端末の寿命を縮めてしまうことになります。

そのため、2台以上端末を持っていればメイン以外の端末をサブ端末として使い分けることでメイン端末の負担を軽減させることができます。これがもう一つのメリットですね。ちなみに私は2台以上端末を所有しているのでもっと細かい使い分けをしています。ここまでする必要はありませんが、複数あるとそれぞれの端末の特徴をいかした使い方もできるのでおすすめです。

動画視聴

動画視聴は常に画面を表示させているため、端末への負担が大きいですよね。電池の消耗も激しいので劣化が早まりますし。もし、メイン端末以外にも端末を持っていれば動画視聴専用端末にしてもいいかもしれません。

普段は台所用として動画をみながら料理をするために使ってもいいですし、防水ならお風呂でも使えます。スマートフォンでの動画視聴は目が疲れるのでタブレットであればもっといいかもしれません。メイン端末が故障した場合はその端末をメイン端末として使えばいいわけです。

音楽

実際に私はRakuten miniという小型端末を音楽専用端末にしていて車のオーディオにBluetooth接続して聴いたり、トレッキングやジョギングをしたりするときにも使っています。この端末はeSIMが内蔵されていてモバイル通信ができるのでこのように外でも使えますが、もちろんWi-Fi環境が整っていればモバイル通信ができなくても室内で使うこともできます。

やはり、音楽も長時間使用することが多いのでメイン端末ではない他の端末で行うことで負担は軽減されるでしょう。ちなみにこの端末はテザリングもできます。テザリングも電池の消耗が激しいので別の端末で行うことで負担が減りますね。

アプリゲーム

ゲームも動画視聴と同じように常に画面が表示されているので負担は大きいですよね。さらにゲームは画面をタッチして操作を行うのでもっと負担が大きいでしょう。ゲームや動画視聴はSIMカードが入っていなくてもWi-Fi通信があれば使えるので2台持ちならメイン端末の負担は大きく軽減されます。

サブ端末をWi-Fi通信で使う

さきほども少し触れましたが、スマートフォンはSIMカードがなくてもWi-Fi環境があればインターネットの閲覧、アプリのダウンロード、通信を使用するゲーム、ストリーミング音楽サービスの利用ができます。

Wi-Fi環境でできること
  • web閲覧
  • アプリゲーム
  • ストリーミングサービスの利用(動画、音楽)

通話はSIMカードがないとできません。

現在流通しているスマートフォンは電池パックが内蔵されているため、ほんとんどの端末において交換することはできません。 つまり、電池を長持ちさせるととは端末を長持ちさせることにつながるわけです。

ですので、自宅でのストリーミング再生やインターネット閲覧等を別の端末で行うことでメイン端末の負担軽減になります。

最後に

メイン端末とは別にスマートフォンやタブレットがあってデータを同期してれば、万が一の際にメインで使用している端末の代わりとして使えるようになります。

さらにアプリでゲームをするときや音楽を聴くときに別の端末を使うことでメイン端末の負担を軽減させることができます。

機種変更等で古いスマートフォンやタブレットがある場合は活用してみてください。

Bluetooth機器関連記事

Bluetoothスピーカー ランキング!

良音、オシャレ、かっこいい!『Bluetoothスピーカー』オススメはこの3つ!!

小型Bluetoothスピーカー ランキング!

【ベスト3】持ち運びできる!小型Bluetoothスピーカーランキング!

タイトルとURLをコピーしました