スポンサーリンク

【レビュー】約5万円(税込)で買える!レノボ『Ideapad S540』はオススメです!

5万円で買える!レノボ『Ideapad S540』はオススメです!ハード
スポンサーリンク

私は自宅にデスクトップのパソコンがありますが、ノートパソコンは持っていませんでした。持ち運びがしやすくて使いやすくて安いノートパソコンが欲しいと思って、いろいろなサイトを探していました。

そんな中、見つけたのがLenovo(レノボ)のIdeapad S540というモデルのノートパソコンです。これが大正解でした。以前、使っていたノートパソコンが古かったせいもありますが、価格、性能、使いやすさ、すべてにおいて満足です。

今回はこのパソコンの紹介をしたいと思います。あくまで普段使いとして買ったパソコンになります。

このパソコンを選んだ理由
  • 税込5万円ぐらいで買えるノートパソコンが欲しかった
  • Web閲覧、文章作成、簡単な画像編集と動画編集ができればいい
  • そこそこオシャレなものが欲しい
  • DVDドライブはいらない
  • メモリは8GBがいい
  • CPUは性能、価格のバランス重視
  • ストレージはSSDで256GB以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク

良かったこと

税込5万円で買えた

私が今回重視したのが、これ。価格です。何を目的にパソコンを使うかで価格は大きく変わると思いますが、今回は最低限の使い方をする予定でしたので税込5万円で買えてそこそこの性能のパソコンを探していました。

同梱物は電源のみでシンプル

レノボではEクーポンと呼ばれる電子クーポーンが発行されています。これを利用すると販売価格よりも安く買えます。割引額が非常に大きいのでこれを使って安く買うことができました。

期間キャンペーンが実施されているとさらに割引きされることがありますので購入する際には確認してみてくださいね。

最低限の使い方をするには十分

今回買ったパソコンのスペックはこのようになっています。

モデル:Lenovo Ideapad S540
カラー:ミネラルグレー
サイズ:約 323x227x15.9mm
重さ:約 2.18kg
ディスプレイ:14.0″FHD IPS LEDバックライト 光沢なし 1920×1080
プロセッサー:AMD Ryzen 5 3500U (2.10GHz 2MB)
グラフィックス:AMD Radeon Vega 8 グラフィックス
メモリー:8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)
ストレージ:256GB SSD
初期導入OS:Windows 10 Home 64 bit
Office:ソフトウエアなし
使用時間約:10.0時間
充電時間約:3.5時間
キーボード:バックライト付 日本語
ポインティングデバイス:タッチパッド
内蔵カメラ:720p HD カメラ
センサー:指紋センサー
スピーカー:Dolby Audio® Speaker System
ワイヤレス:IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
Bluetooth:Bluetooth v4.2

このパソコンにはAMD製のRyzen 5 3500Uが搭載されています。私は今までインテルのCPUしか使ったことがなかったため、AMD製のCPU(正確にはグラフィックス機能が内蔵されたAMD製プロセッサーはAPUといいます)がどの程度のものか不安ではありました。

RyzenUシリーズにはRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7の3つがあり、Ryzen 5は中間の性能を持っていて価格と性能のバランス重視タイプになっています。インテルのCore i5と同等の性能と言われていますが、Core i5が搭載されているパソコンより数千円安くなるため、コスパがいいです。

また、メモリは8GBを選びました。複数のウィンドウを立ち上げて同時にいろいろな処理を行うには4GBでは足りたい印象です。個人的にはメモリは8GBあった方が安心できますね。

実際に動画編集を行ってみましたが、思った以上に動きも良くて驚きました。これだけ動画を並べてエフェクトをかけてレビュー再生してみましたが、カクカクすることはありませんでした。ただし、30分以上の長い動画を編集するときにはさすがに重くなるのでは?と思っています。

試しにFilmora9で動画編集した

ストレージはクラウドサービスをいくつか利用しているのでそんなに必要がないかと思いましたが、128GBだとOSや必要なソフトをインストールするとカツカツになりそうなので256GBを選びました。

その他、文章作成、表計算、web閲覧、youtube視聴も問題なく操作できました。ゲーム向きなスペックではないことは承知の上ですので試していません。

左側面:電源ジャック、HDMI、USB3.0 Type-C、ヘッドフォンジャック
右側面:SDカードリーダー、USB3.0、USB3.0 (Powered USB)

Officeソフトウエアはない

まったく同じ構成、スペックでOfficeソフトがインストールされているパソコンもありましたが、Officeソフトがないモデルを選びました。私は元々KINGSOFTのWPS OfficeOffice Mobileを使用しているため、必要なかったからです。もし、Officeソフトありの場合、約2万円高くなります。この差は大きいですよね。

DVDドライブがない

私は普段、DVDやCDを使うことがないので、DVDドライブは始めから非搭載のパソコンを探していました。ドライブ搭載になると価格も少し高くなるかと思いますし、デザインも変わるかもしれません。

デザインがかっこいい

このパソコンが気に入ったところはデザインです。スタイリッシュで無機質な色合いがパソコンっぽくない印象でした。パソコンを持ち歩くとき、使うときにワクワクします。今まで分厚くて黒い『ザ・ノートパソコン』というものを使っていたのでよけいデザインのかっこよさに惚れ惚れしてしまいました。

右下にちょっことあるロゴがオシャレ

表面の端にはロゴがあり、裏面はファンの通気穴があります。サイドには端子が並び厚さも一番厚いところで約16mmなので持ち運びも楽にできます。ただし、画面サイズが14インチで重さが約2kgあるのでそれなりに持ってる感はありますが…

裏面もシンプル

起動がメチャクチャ早い

ここは私自身とても感動したのですが、起動が早い。SSDの恩恵が大きいとは思いますが、とにかく起動が早いんです。前まで使っていたノートパソコンはとても遅くて2分近くかかっていたのでこの早さには驚きました。もしかしたらスマートフォンの電源ボタンを押してからパスワードを入力して立ち上がるまでと同じぐらいの時間で起動できるのでは?と思ったぐらいです。

早く起動する理由は指紋認証が大きいですね。キーボード面の右上に電源ボタンがあり、右下に指紋認証があります。この指紋認証の感度がとても素晴らしい。毎回ミスなく認識してくれます。電源ボタンオン→指を置いて指紋認証。この動作だけで起動できるのでより早く感じるのかもしれません。

①電源ボタン ②指紋認証ボタン

また、両サイドにスピーカーがついていますが、ノートパソコンにしては音がいいように感じました。

キーボードのキーが押しやすい

このキーボードが押しやすくて気持ちがいいんですよね。柔らかいというか、優しいというか、押してる感があまりない印象です。ボタンが浅くて安定しているので『カタカタ』という音が鳴りません。

キーは浅め

ただし、これはあくまで個人的な感想です。キーボードには人それぞれ好みがあるので軽い押し心地のキーボードが嫌いな人は苦手かもしれません。ですが、パソコンは打つ行為が非常に多い機械なのでキーボードの感触は大切です。私自身はこのノートパソコンのキーボードが自分に合っているので効率が上がります。

タッチパッドが操作しやすい

このノートパソコンにはタッチパッドが搭載されています。これはマウスの操作をパッド上で行えるようになっていて、さらに押し込むことでクリックの操作もできるようになっています。これがなかなか便利です。

タッチパッドの右下のスペースを押すと右クリック、左下のスペースを押すと左クリックの操作ができます。私は最初使い方が分からず、右上と左上のスペースを押していたのでまったくクリックの操作にならず数十分格闘していました。クリック操作を行うときは上ではなく下のスペースを押してください。

この辺を押すとスムーズにクリック操作が行える

ファンの音が静か

これはもそれぞれの感じ方や今まで使ってきたノートパソコンとの比較で感想が変わるかと思いますが、ファンの音はとても静かです。個人的にはほとんど気にならない音です。

文字で表現するのはちょっと難しいですが、『ブーン』というようないかにも『ファン回ってます』という感じではなく『サーッ』とか『シーッ』という濁点のない音なのでほとんど気にならないでしょう。

ちょっと気になったこと

注文してから届くまでに時間がかかった

今回たまたまでしたが、コロナの影響で注文から届くまでに約一ヶ月かかりました。他の商品はどうか分かりませんが、このノートパソコンは海外で生産しているようなので元々時間がかかることは理解していました。

海外からの発送になる場合は世界情勢や交通事情により届くまでに時間がかかることもあるので、そこは想定して買うことをおすすめします。

電池の減りは思ったより早い

ノートパソコンにおいては元々電池の減りが早いとは思っていますが、ケーブルを接続していない状態で使うと電池の減りは早いように感じました。3、4時間連続で使用していると半分近くまで減ることもあります。

製品仕様書には約10時間と書かれているのでそれより短い感覚です。もちろん、どんな使い方をしているのかにもよりますし、そもそも電源ケーブルを繋いで使っていれば気にならないことなので大きな問題ではないかと思いますが。

タッチパネル非対応

個人的に使ってみて感じたことになりますが、タッチパネル対応のノートパソコンが良かったと思いました。基本的にマウスを接続せずにタッチパッドを使って操作するので少なからず操作が遅くなります。

そんなときに画面をタッチ操作できれば早く操作できるようになります。ですが、タッチパネル対応になると価格も高くなると思うのでそこは悩むところではありますが…

画面が非光沢

これも実際に使ってみて気づいたことですが、画面が非光沢のため、少しボヤけて見えます。これは光が反射しないメリットがあるのでいいのですが、個人的にはきれいな発色の画面が好きなのでこの画面はちょっと残念でした。次回からはこれに関してもしっかり調べようと思いました。

最後に

少し気になることもありましたが、結果的にはこのノートパソコンを買って正解でした。オシャレなデザイン、最低限の使用、起動の早さ、キーボードの打ちやすさ、これらの条件がそろっていて約5万円は安いと感じたからです。

価格に対しての満足度は人それぞれかと思いますが、普通に使える持ち運びができるオシャレなデザインのノートパソコンをお探しの方はぜひおすすめです。

よかったら参考にしてみてください。

言い忘れましたが、レノボでパソコンを購入する際は必ずクーポンがあるか確認してくださいね。とてもお得に買えますよ。

タイトルとURLをコピーしました