スポンサーリンク

【まとめ】今オススメしたいモバイルWi-Fiはこの11社!!

通信
スポンサーリンク

スマートフォンやタブレットなどの端末を通信方法はいくつかありますが、その中で室外、室内で使えてさらに複数の端末を接続できるのがモバイルWi-Fiです。

料金も安く月単位だけではなく日単位で利用できるサービスもあります。料金、通信容量、違約金、キャンペーン実施、キャッシュバックなどの違いもありますのでいろいろ見比べて決めるのがいいでしょう。

今回はいろいろ探した中から今、おすすめしたいモバイルWi-Fi11社を用意しました。モバイルWi-Fiを探している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

GMOとくとくBB

月額料金4,689円(税込)
通信容量無制限
契約期間3年
違約金最大20,900円(税込)

2020年オリコン顧客満足度調査プロバイダ広域企業第一位のとくとくBB。
データ容量無制限プランは4,689円(税込)、7GBプランは3,669円(税込)でどちらも3年契約で自動更新となっています。また、契約時には事務手数料3,300(税込)が発生します。

申し込みから20日以内であれば解約違約金無料でキャンセルができますが、契約後1~12ヶ月目で解約した場合は違約金が20,900円(税込)かかるので注意が必要です。

また、キャッシュバックがあるのでとてもお得です。ただし、端末発送月を含む11ヶ月目に登録したメール宛にキャッシュバック特典の案内が届きます。手順の通りに手続きを行わないとキャッシュバック特典を受け取ることができません。ここは少し大変でしょう。

≫ GMOとくとくBBの詳細をチェック!!

SoftBank Air

月額料金5,368円(税込)
通信容量無制限
契約期間2年
違約金9,500円

2019年5月から2020年5月までのBCNランキングで機種別販売数第一位を獲得したSoftBank Air。
その名の通り、ソフトバンク回線となっており、エリアはソフトバンクエリアです。また、ソフトバンクのスマートフォンとセットで1台あたり通信料が毎月1,000円割引になるので、ソフトバンクユーザーはお得になります。

Airターミナルと呼ばれる本体は59,400円(税込)で36回分割支払いとなりますが、毎月1,650円の割引があるため、実質無料になります。そのため、通信料金は月額5,368円(税込)のみの支払いです。なお、レンタルプランもあり、5,907円(税込)(レンタル料税込539円含む)で利用することができます。どちらも契約事務手数料3,000円が発生し、2年契約自動更新、違約金9,500円となっています。

≫ SoftBank Airの詳細をチェック!!

地球WiFi

月額料金4,378円(税込)
通信容量100GB
契約期間3年
違約金10,450円(税込)

定期的にキャンペーンを行っていてお得に契約できるのが地球WiFi。
通常月額6,578円(税込)ですが、3年割や新規立ち上げ事業割などの割引によって月額4,378円(税込)で利用できます。ここには3年間端末の割賦代が含まれています。4年目以降は割賦代はなくなりますが、月額料金は月額4,378円(税込)のままです。

国内はもとより135の国や地域でも使えます。ただし、海外の場合、1日定額の海外通信料金が発生します。docomo、au、SoftBankの中から1番つながりやすい回線に自動接続し、データ容量100GBまで使い放題となっています。

契約時には事務手数料3,300円(税込)が発生し、3年契約自動更新です。更新月以外の解約は契約解除料10,450円(税込)がかかるのと、3年以内に解約した場合は端末の割賦残債金の支払いが必要になるので注意が必要です。

≫ 地球WiFiの詳細をチェック!!

それがだいじWi-Fi

月額料金3,718円(税込)
通信容量100GB
契約期間2年
違約金4,500円

『ちょうどいいプランをずっとお得に、便利に』というキャッチコピーの通り、シンプルで分かりやすいプランを提供しているそれがだいじWi-Fi。

月額3,718円(税込)でデータ容量100GBまで、U3という最大10台まで同時接続可能なルーターが用意されています。機器代金が24回の分割払いとなっていますが、毎月値引きがあり実質0円になっています。

docomo、au、SoftBank回線が利用可能なクラウドSIM端末が採用されていて、地下鉄・地下街など外出先でも快適な通信回線が利用できるため、品質の高い通信環境を実現しています。また、世界134の国や地域で利用することが可能。海外で利用する場合は契約時に1日900円で500MBまでのタイプか1日1,200円で1GBまでのタイプか選ぶことができます。

事務手数料3,000円が発生し、2年契約の自動更新となっています。更新月以外に解約した場合は契約解除料4,500円の支払いが必要になるのと機器代金分割支払継続期間中の解約の際は残債額の支払いも必要になります。

≫ それがだいじWi-Fiの詳細をチェック!!

最安値保証WiFi

月額料金3,608円(税込)
通信容量100GB
契約期間無制限
違約金無(最低1ヶ月)

初期費用0円、契約縛りなし、使い放題で月額3,608円(税込)の安値なWi-Fiルーターが利用できる最安値保証WiFi。

よくある2年契約や3年契約などの契約期間の縛りがないため、自分の都合に合わせて解約することができます。ただし、最低利用期間は1ヶ月となっていますので、解約は2ヶ月以降に可能となります。

データ容量においても3日で10GBなどの制限がなく気にせず使えるところは嬉しいですね。ただし、短期間で膨大なデータ量を消費した場合(例えば月間100GB)、速度が制限されるようです。なお、SIMはSoftbankを利用しているので通信エリアはソフトバンクエリアとなります。

≫ 安値保証WiFiの詳細をチェック!!

Mugen WiFi

月額料金3,718円(税込)〜
通信容量100GB
契約期間2年
違約金最大9,900円(税込)

他社と比べても安値でWiFiルーターが利用できるのが、Mugen WiFi。料金は月額3,718円(税込)からとなっています。なんといってもここの売りは30日間おためし体験ができるので、初めてモバイルWiFiを利用する人でも安心して使うことができます。

エリアはdocomo、au、SoftBank回線のトリプルキャリアを利用することができます。3日で10GBまでの制限はありませんが、月のデータ容量は100GBまでとなっています。また、世界134カ国で利用が可能です。料金はエリアで変わり、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどのエリアは1日1,320円(税込)で1GBまで、中東、アフリカ、南米などのエリアは1日1,320円(税込)で1GBまでとなっています。

その他オプションが充実しています。通常2年契約のため、1年未満9,900円(税込)、1〜2年未満5,500円(税込)の解約違約金が発生しますが、その解約違約金がなくなる『2年間縛りなしプラン』が月額660円(税込)で用意されています。こちらは『お試し体験不可』『解約時期実質2ヶ月以降』『本体と付属品の返却期限を過ぎた場合、違約金が発生する』など条件があるので詳細を確認するといいでしょう。

≫ Mugen WiFiの詳細をチェック!!

STAR WiFi

月額料金3,278円(税込)~
通信容量100GB
契約期間なし
違約金なし

新大容量プランと無制限プランの2つのプランが用意されているSTAR WiFi。
端末セット通常月額4,928円(税込)のところ、クーポン利用で3,718円(税込)になる新大容量プラン。クラウドSIM対応で通常7,128円(税込)のところ、クーポン利用で4,048円(税込)になる無制限プランがあります。新大容量プランは3,278円(税込)でSIMのみの契約も可能です。どちらも事務処理手数料が発生し、新大容量プランは3,278円(税込)、無制限プランは4,378円(税込)となっています。

3日間のデータ通信の制限などもなく契約期間の縛りもないので短い期間だけ利用したい人にはおすすめです。なお、7日お試しプランがあるので実際に使ってみることができます。手数料がかかりますが、契約する前にこちらを利用してみるのがいいでしょう。

≫ STAR WiFiの詳細をチェック!!

ZEUS WiFi

月額料金2,178円(税込)~
通信容量20GB~
契約期間2年
違約金10,450円(税込)

ZEUS WiFiでは3つのプランが用意されています。プランの名称がおもしろいです。『並盛』が20GB月額2,178円(税込)、『大盛』が40GB月額2,948円(税込)、『特盛』が100GB月額3,828円(税込)となっています。普段、データ容量をそれほど使わない人は少ない容量のプランを選ぶことで安くなることでしょう。それぞれのプランにおいて月額の追加料金を払うことでデータ容量が追加できるので、万が一のときにも安心です。

契約期間は2年で解約事務手数料は10,450円(税込)となっています。また、契約2年以降ならいつ解約しても解約事務手数料が0円なので、更新月を気にする必要がないのはプラスですね。なお、契約期間2年をなしにして、いつ解約しても解約事務手数料がかからない『トッピング』という名称のオプションをつけることができます。その分、月額料金が少し高くなりますが、使い方によってはお得になるかもしれません。

≫ ZEUS WiFiの詳細をチェック!! 

WiFiレンタルどっとこむ

月額料金1日440円(税込)
通信容量1GB~
契約期間
違約金

2020年8月ビジョン調べのグループ利用者数1500万人、2019年12月㈱東京商工リサーチ調べの国内用WiFiレンタル2年連続第一位を獲得しているWiFiレンタルどっとこむ。
1日単位でWiFiルーターをレンタルすることができて、最短当日発送、コンビニ、空港、宅配など簡単に返却することができます。

SoftBankエリア、auエリア、WiMAXエリア対応などのさまざまな種類のルーターから選ぶことができます。料金は1日データ容量1GB、440円(税込)から使えるルーターもあり、データ容量や料金が異なるものが多く用意されているのでどんなシーンにおいても使えるラインナップがそろっています。

利用開始4日前までのキャンセルは無料ですが、利用開始3日前からのキャンセルはキャンセル料として申込金額の100%の支払いが必要になります。申込時に選択した返却日を過ぎた場合は自動延長となるので端末の返却に関しては注意してください。

≫ WiFiレンタルどっとこむの詳細をチェック!!

NETAGE

月額料金1日220円(税込)~
通信容量5GB~
契約期間
違約金

『安い』『早い』『簡単』出張、旅行、帰国などで利用できる便利なモバイルWiFiルーターを扱っているのが国内WiFiレンタルのNETAGEです。従量課金上限制のデイリープランは1日220円(税込)から、固定料金制のマンスリープランは1ヶ月あたり2,178円(税込)から利用できます。さらに初期費用 0円、事務手数料 0円で機器購入費、解約違約金、回線工事費が一切かからないため、とてもリーズナブルです。

対応エリアはレンタルするWiFiルーターにより異なります。SoftBank、Y!mobile、au、docomo、WiMAXから選ぶことができて、それぞれ料金、通信速度、通信容量、機能が違います。種類が多くて悩んでしまうので、料金を重視するのか?繋がりやすさを重視するのか?どこで使うか?どのくらいの期間使うのか?などを考えて自分にあったルーターを選ぶといいでしょう。

返却に関しても非常に簡単で、ルーター本体と付属品を同封されている返却用封筒に入れて郵便ポストに投函するだけです。なお、送料は利用料金に含まれています。また、ルーター本体の破損や付属品紛失の場合は弁償金が発生します。事前に確認することをおすすめします。

≫ NETAGEの詳細をチェック!!

SoftBankレンタルWiFiルーター

月額料金1日528円(税込)~
通信容量無制限
契約期間
違約金

名前の通り、国内で利用できるソフトバンクの人気ポケットWiFiルーターを日割りでレンタルすることができます。SoftBank 4G LTEなどを利用して幅広いエリアで利用できる他、ULTRA SPEEDサブエリアにも対応しています。

料金はルーターの種類によって異なりますが、1日480円(税込)から使えるデイリープランと1ヶ月6,000円(税込)かから使えるマンスリープランが用意されています。レンタル料金は無料でデータ使用量も無制限です。ただし、1ヶ月間のデータ使用量が250GBを超えると、速度制限がかかります。利用開始日の3日前より1台につき1,650円(税込)のキャンセル手数料がかかります。

月額の追加料金を支払うことで安全補償や追加オプションにも加入することができるため、安心して利用することができます。また、利用延長も電話やメールから申し込むことができて、返却も利用終了日の翌日にポストへ投函するだけなので手続きが簡単です。

≫ SoftBankレンタルWiFiルーターの詳細をチェック!!

最後に

モバイルWiFiは月額料金も安く、引越しや旅行などの短期間の契約も可能です。自分の使い方に合わせてモバイルWiFiを利用してみるといいでしょう。

まずは、月額料金、対応エリア、違約金の有無、契約の際に必要になるものを確認してから、キャッシュバック特典やお試し期間があるところを優先して探すことをおすすめします。

モバイルWi-Fi関連記事

モバイルWi-Fiを契約する前に確認することをまとめた記事を用意しています。こちらも合わせて読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました