スポンサーリンク

【レビュー】Bluetoothワイヤレスイヤフォン『FIIL T1XS』はコスパ最高だった!

Bluetoothワイヤレスイヤフォン『FIIL T1XS』はコスパ最高だった!Bluetooth機器
スポンサーリンク

Gshopper(Gショッパー)という海外ショッピングサイトで買った商品のレビュー記事です。

Gshopperは海外のショッピングサイトになりますが、とにかく価格が安いんです。元々安いのですが、割引きをしている商品が多く、さらにお得に購入できます。非常にコスパがいいのでおすすめです。

ただし、海外からの発送なので届くまでには時間がかかりますので、そこは少し注意が必要ですね。

今回、買ったのは『FIIL T1XS』というBluetoothワイヤレスイヤフォンです。この商品は割引きしていたのでとても安く購入できました。結論からいうと個人的には価格、機能、デザインすべてが満足でしたね。

今回はこの商品について解説したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品説明

配送期間

海外サイトのため、注文してから届くまでには時間がかかります。空輸されるので都心から離れていると配送期間が長くなってしまいます。私の場合は7/15に注文して7/24に届きました。

梱包

梱包はこのような感じでした。ちゃんと梱包されていたので破損などの心配はなさそうです。

梱包状態は良い

外箱

外箱はこちらです。とてもおしゃれですね。

外箱:表
外箱:裏

同梱物

この商品の同梱物ですが、二段重ねになっていて本体とケーブル、イヤーピースがきれいに収納されていました。ちなみにマニュアルが入っていましたが、英語でした。

箱を開けた状態
付属品とマニュアル
マニュアルは英語表記

本体

本体ですが、イヤフォンは専用の収納ケースに入っています。この収納ケースはセットすることでイヤフォンが充電されるようになっていて、そのまま持ち運びもできます。

この収納ケースがシンプルでおしゃれですね。なお、収納ケースは磁石になっていて、フタの開閉もイヤフォンをセットするときも『カチッ』という音とともにくっつくようになっています。

収納ケースを開いた状態

サイズ

収納ケースの幅は約6cmです。手に握れる大きさですね。

収納ケースの幅は約6cm

イヤフォンは約2cmです。

イヤフォンは約2cm

手に持つとこんな感じです。

非常にコンパクト

設定

ペアリング

スマートフォンとのペアリングはとても簡単です。収納ケースを開けるか、イヤフォンを取り出すとイヤフォンのランプが青色に点滅します。この点滅した状態がペアリング待機状態となります。

この状態のときにスマートフォンでBluetoothをオンにして機器の検索を行うと『FIIL T1XS』という機器が検出されるのでそれをタップしてペアリング設定します。

ペアリングモード(青いランプ点滅)
  • 収納ケースのフタを開ける
  • 収納ケースからイヤフォンを取り出す
収納ケースのフタを開ける
収納ケースのフタを開けるとランプが点滅する
収納ケースからイヤフォンを取り出す
収納ケースから取り出すとランプが点滅する
接続ができない場合

うまく接続できなかった場合は一度イヤフォンを収納ケースにセットしてフタを閉め、再度フタを開けるとランプが青色に点滅します。この状態でスマートフォンのBluetooth接続を行うと接続できるようになります。

スマートフォンでBluetooth接続を行う

※画像はAndroid端末です。

設定でBluetoothをタップする
新しいデバイスとペア設定するをタップする
FIIL T1XS をタップする
有効となればペアリング完了

特徴

本体タップで再生、停止ができる

本体をタップすることで音楽の再生、停止ができます。これには驚きましたね。本体にはボタンがないので全部スマートフォンで操作しないといけないと思っていたので。ただし、のちほど説明しますが、音量の調節は専用アプリをダウンロードしていないとできません。

本体をタップして操作する

電池は長持ち

アプリでEQの設定などによっても変わるかと思いますが、イヤフォンの充電がフルの場合、約6時間の使用が可能です。

収納ケースに充電される

イヤフォンへの充電ですが、直接イヤフォンにケーブルを接続するわけではなく、イヤフォンをセットした収納ケースにUSB type-Cのケーブルを接続して充電を行います。

収納ケースにケーブルを接続して充電する

一度収納ケースに充電され、それがイヤフォンに供給されるようです。つまり、外へ持ち出したイヤフォンの電池が少なくなったら、収納ケースにセットすることでイヤフォンの充電ができるわけなんですよね。

しかも、収納ケースの充電がフルだった場合、イヤフォンの充電が約3回できるので、イヤフォン、充電ケースがフルだった場合、約24時間使用できる計算になります。単純計算ですので実際に使える保証はありませんが。

イヤフォン紛失防止

紛失防止としてイヤーピースにはネックストラップを通す穴がついています。また、左右のイヤフォンが離れると再生が停まるようになっています。

ストラップなどを通せる

こんなネックストラップが使えそうですね。

防水仕様

このイヤフォンは防水対応です。IPX5防水なので雨や水場での使用もできますね。日常生活で使う分にはまったく問題ないでしょう。

良かったところ

これからは実際に使ってみた感想をお話ししたいと思います。あくまで個人的な感想なので参考として読んでみてくださいね。

着け心地が良い

思った以上にしっかり耳に固定されるので落ちる心配はなさそうです。イヤーピースも何種類か用意されているので自分に合ったサイズも見つかるでしょう。

イヤーピースが数種類同梱されている

音について

音ですが、低音が中央からしっかり聴こます。ただし、音の厚みはそれほどありません。絞られた音という感じです。楽器の音が左右からハッキリ聴こえて広がりもあります。個人的には好きな音の聴こえ方でしたね。

ゲームでの使用

ゲームで使用してみましたが、遅延もなく普段は聴こえないような細かい音も聞き取れたので、テレビや映画でも問題なく使用できるでしょう。

専用アプリがある

このイヤフォンが良かったところは専用のアプリがあったところです。Bluetoothのペアリング設定をしたスマートフォンにアプリをダウンロードすることで、アプリでイヤフォンの電池残量が確認できたり、低音強調や高音強調などのイコライザーの調整ができたり、音量操作もできます。

fiil+

fiil+

Fengfan (Beijing) Technology Co., Ltd. 無料posted withアプリーチ

アプリをダウンロードする
FIIL T1XS をタップする
ボタンをタップする
接続が完了すると電池残量が確認できる
何種類かイコライザーが用意されている
イコライザーは自分でもカスタマイズできる

本体タップでいろいろな操作ができる

アプリをダウンロードしていないと再生、停止しか操作できませんが、アプリをダウンロードしてフルコントロールモードにすると本体タップで音量調整や次の曲、前の曲などの操作ができるようになります。アプリ自体の評価は低かったですが、私は問題なく使えました。

アプリでフルコントロールモードにすることができる
フルコントロールモードにすると本体タップの操作が増える

気になったところ

良いところだけではなく少し気になったこともあったのでまとめてみました。

小さなノイズがある

スマートフォンやテレビなどとBluetooth接続した状態で音楽や音声が流れていないときに『サー』という小さなノイズが聴こえます。音楽や音声が流れるとこの音は気づかなくなりますが、やはり少し気にはなるところです。

通話について

実際に通話してみましたが、相手からは『音がこもる』と言われました。声は聞き取れるようですが、聞きづらいので長時間の通話や大事な会話には向いていないかもしれません。イヤフォン本体にマイクがついているので声を拾うのが難しいようですね。

最後に

いかがでしょうか。少し気になるところはありましたが、音質も問題なく、防水機能もあり、さらに価格が安いのでコスパは最高です。デザインもおしゃれですし、長時間の再生ができるので持ち出して使用するにはおすすめですね。よかったら参考にしてみてください。

→ Gshopperで『FIIL T1XS』をチェック!!

タイトルとURLをコピーしました