スポンサーリンク

【解説】英語が苦手な私が上達した方法とは?とにかく英語に触れることが大事

英語が苦手な私が上達した方法とは?とにかく英語に触れることが大事生活
スポンサーリンク

私は英語の授業が大嫌いでした。なぜ英語を勉強しなければならないのか?英語を勉強する意味なんてあるのか?学生時代はそんなことばかり思っていました。学校のテストといえばそれはそれは酷いありさまで20点代、30点代は当たり前、中には一桁のときもありました…

そんな私があるきっかけで英語を勉強しようと思ったわけですが、今までほぼ英語の勉強をしてこなかったので何から始めていいか分からない状態でした。

そんな私が実際にやってみたこと、成果が出たことをお話ししたいと思います。

英語を話せるようになる方法ではありません。これをやってダメだった、これをやったら効果があった。というお話しです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語の点数が一桁だった私がなぜ英語を勉強することになったのか?

学生時代、英語が大嫌いでテストの点数は散々なものでした。それから数十年、まさかこんなことになるとは夢にも思っていませんでした。なんと、そんな私にアメリカ人の恋人ができたのです。今はグローバルな時代です。日本にもたくさん外国の方が住んでいます。その分、出会いもあります。たまたま好きになった人が外国人だった、というだけです。

英語をまったく勉強してこなかった私にとってそれはまるで映画の世界に迷い込んだような状態でした。ですが、実はそれほど困ることはありませんでした。なぜならば、その恋人は日本語がペラペラだったからです。それはそれは日本語が上手で、一緒に話しをしていても周りの人は外国人だと気づかないレベルでした。

じゃあ、英語勉強しなくていいんじゃない?って感じですが、やっぱり英語で話ししたいじゃないですか?外国人の恋人と英語で会話するってカッコイイじゃないですか?というわけで英語を勉強しようと思ったのがキッカケです。

とりあえず手当たりしだいなんでもやってみた

最初はいろいろなことを手当たりしだいやってみました。本を買って勉強したり、字幕の映画をみまくるといいと聞いて洋画の映画をみまくったり、英会話教室へも通いました。

本を買って勉強する

一番簡単でそれほどお金もかからず、自分のペースで始められるのでとりあえず本を買って勉強してみました。日常会話で使える英会話、発音のコツなど、昔勉強したようなテストのための勉強ではなく、話せるようになるための勉強をするように心がけました。

なぜ、話せるようになるための勉強が大切なのか?実際にその恋人に『日本での英語の勉強は話すためではなくテストでいい点を取るための勉強だ!』と言われたことがありました。

つまり、筆記やテストが目的の英語の勉強ではとうぜん英語を話すことはできません。英語は言葉です。会話をするための手段です。書くため、テストのために勉強するものではありません。それを意識しながらできる限り話せるようになる勉強をしようと思ったわけです。

最近の本はCDやDVDが付属しています。本で文章やイラスト、写真をみながら音や映像をみるとイメージしやすいですし、受け入れやすくなります。何度も聴いていると自然と覚えてきます。

しかし、これだけではもちろん、英語を話すことはできません。どちらかというとこれは英語を聞き取るための練習です。あくまで本での勉強は補足として行うことがいいでしょう。

実際に買った本です。これは日常会話で使われるような文章を集めた本です。これは実際に使える文章が多くあったので役に立ちましたね。

これもさきほどのホント同じように日常会話で使える文章がたくさんあります。これは図解で分かりやすく説明されているので楽しく勉強することができました。

こんな本も買ってみました。これは発音の練習ができる本です。本で発音の練習なんてできるの?って思われるかもしれませんが、この本にはCDとDVDが付属しているので文字と映像を見ながら実際に発音の練習ができます。

 

映画をみる

これも本を使って勉強するのと同じで英語を聞く練習になりますが、人にすすめられて字幕の映画をみるようになりました。ただ、映画をみるだけでは普通の映画鑑賞です。英語どころか『あ~おもしろかった~』で終了です。

映画をみるときは、英語を意識することが大切です。一番いいのは、自分が好きなで何度もみたことがある映画、またはストーリーを覚えている映画をみるのがいいですね。

理想は字幕を非表示にして映画をみることです。音声は完全に英語だけになります。何度もみていたり、ストーリーを知っていたりすると全体の流れを覚えていますよね?流れが分かっているとなんとなく会話も分かります。英語を聞いて頭の中で日本語に変換することで『この英語の言葉は日本語ではこんな意味なんだ』というように結びつくようになるわけです。ここまでなるには何度も繰り返す必要がありますが…

映画が効果的なのは本よりも現実的で実用的なところです。実際に英語を話している人、英語で会話をしている映像をみることができるわけですから。

やはり、アニメはいい勉強になりますね。特にアナと雪の女王のように子供でも楽しめて有名な映画ならストーリーも分かりやすいですし、何より楽しくみることができます。

ハリーポッターも英語の勉強には向いているでしょう。ただし、映画の好みもありますし、魔法の言葉とかは少し難しいかもしれませんが…

 

英語を話す人と会話する

私が『なんか、英語少し分かってきたかも』と感じたことは、実際に英語を話す人と会話をするようになったことが大きかったと思います。

恋人に英語で話しをしてもらうのですが、最初は意味不明で何について話しをしているのか?どんな感情なのか?まったく分からず頭が痛くなるレベルでした。
しかし、何度も話しをしていると、少しずつ、ほんの少しずつですが、なんとなく分かるようになりました。

おそらく本や映画で英語に慣れた耳が英単語を聞き取れるようになっていたんだと思います。最初からすべての英語を聞き取ることはまず無理でしょう。しかし、多くある英語の言葉の中から一部の英単語を聞き取ることはできるようになります。

例えば日常会話ではtired(疲れた)とかsleep(眠い)とか。日本語でもよく使う言葉は英語でもよく使います。

私だけかもしれませんが、英語というと非日常で異次元の世界のような言葉のイメージを持ってしまいますが、実際は日本語と同じです。会話するための手段です。ですので、英語も日本語と同じように毎日使う言葉やよく使う言葉というものがたくさんあります。何度もその言葉を聞いていると自然と覚えられるようになるものです。

覚えるというよりは頭の中で日本語に変換したり、こんなことを言いたいのかな?とイメージできるようになるという方が正しいのかもしれません。

英会話教室へ通う

話すことは聞くことよりも難しいです。どんな単語を使えばいいのか?単語をどんな順番で言えばいいのか?どうしたら正しい発音ができるのか?これは自分で勉強するには限界があります。やはり、英会話教室へ通うのが一番いいでしょう。

英会話教室は英語を教えてくれる場所です。英語を教わるためにそこへ行くわけです。失敗しても誰も何も言いません。何度でも質問できます。
英語を話すのって恥ずかしいんですよね…間違ってるんじゃないか?とか失敗したら笑われるんじゃないか?とか、そんなことが頭の中でグルグル回って英語を口に出すことが怖くなってしまいます。
でも、英会話教室ではそんな心配はありません。先生は生徒が英語ができないことが当たり前ということをちゃんと理解してくれています。

これは実際にあった話ですが、私は趣味でバンドをやっています。見よう見真似で英語の歌詞の曲を作りました。その曲を外国の恋人やその友達の外国人の人に聴いてもらったことがありました。私は恥ずかしくて不安でしたし、緊張しました。おそるおそる感想を聞きましたが、想像以上にあっけらかんとしていました。『日本人が歌う英語の歌はみんなこんな感じだよ』と言われただけでした。

外国の人は日本人が英語を話すレベルや話し方を私たち以上に理解してくれています。そして、想像以上にみんな広い心を持っています。バカにしたり、笑ったりする人はいません。それを知ってからそれまで以上に英語をがんばって話すようになったのは言うまでもありません。

おすすめのオンライン英会話教室

私は英会話教室へ実際に行ってそこで英語を勉強していました。私の個人的な感想ですが、習い事が続かない理由、途中でやめてしまう理由は、その場所へ行くのが面倒くさくなるからではないでしょうか。時間までにその場所へ行かないといけないので。

そんなデメリットも今ではオンラインが解決してくれます。今回私は実際にいろいろ調べてオンラインで勉強できる英会話教室を探してみました。オンラインならパソコンはもちろん、スマホやタブレットがあればレッスンを受けることができるので教室へ通うよりも簡単に勉強できます。

どんな勉強も同じことがいえるかと思いますが、一番大事なのは続けることです。自分のペースで勉強できるオンラインレッスンなら途中でやめずに続けることができるでしょう。

なお、オンライン英会話はすべてオンラインでのやりとりになるので、いろいろ不安があると思います。しかし、ほとんどのサイトは無料体験レッスンができるようになっているので、まずは無料体験レッスンを受けてみてください。分からないことがあったら質問して自分に合った教室を選んでみてくださいね。

DMM英会話

様々な国籍の講師と毎日レッスンできるスタンダードプランとネイティブ講師や、日本人講師と毎日レッスンできるプラスネイティブプランがあるDMM英会話。それぞれのプランは1日のレッスン時間で料金が変わります。

レッスンノートというレッスン内容を復習できるサービスがあったり、講師の自己紹介動画をみることができたり、サービスが充実しています。

  • オンライン英会話サービス評価・満足度調査16部門で1位
  • 世界117ヵ国以上6500人以上の講師とマンツーマンレッスン
  • 料金月額税込3,240円~22,550円(プラン、レッスン時間による)
╲ 詳細はこちら /

QQEnglish

QQ Englishはオンライン英会話サービス24社を対象とした「教師の質」「使いやすさ」「コスパ」に関する調査で1位を獲得しています。

教師の質にこだわり、書類選考、試験、面接、トレーニングなどを突破した洗練された教師が揃っているのが特徴。

月のレッスン回数で料金が変わります。子供専用プランのキッズコースは月4回1,980円でレッスンが受けられます。

  • オンライン英会話3部門(コスパ、教師の質、満足度)でサービス評価1位
  • 教師の試験、トレーニングなどが厳しく質が高い
  • 料金月額税抜3,685円~9,680円(レッスン回数による)
  • 小学校から大学まで幅広い教育機関にレッスン提供している
╲ 詳細はこちら /

ネイティブキャンプ

オンライン英会話アプリダウンロード数1位、世界累計利用者数50万人を突破。さまざまなメディアで取り上げられているネイティブキャンプ

料金は月額6,480円のプレミアムプランのみ、プレミアムプラン契約の家族は月額1,980円のファミリープランに加入することができます。

最大の特徴はいつでもレッスンが受けられてさらに回数も無制限です。パソコンやスマートフォン、タブレットでレッスンを受けられるので、時間に縛られることがありません。

  • アプリダウンロード数1位、世界累計利用者数50万人
  • リアルタイムでレッスンを受けられる(条件あり)
  • 月額6,480円でレッスン回数が無制限
╲ 詳細はこちら /

ELT英会話

高品質レッスンを提供していて、すでにある程度英語が話せる人向けの教室がELT英会話です。

講師が全員ネイティブスピーカーのイギリス人という徹底ぶり。そのため、レッスンが受講できる時間は17時以降と決まっています。

日本人スタッフが学習計画、講師のマッチングを行いサポートも厚くなっています。

  • 月額13,130円の高品質なレッスンを提供している
  • レッスンを受けられる時間が決まっている
  • 生徒に合わせたオーダーメイドのカリキュラムがある
╲ 詳細はこちら /

エイゴル

エイゴル月間定額ではなく1レッスン×レッスン実施回数で料金が決まる教室です。
例えば、1レッスン(25分)195円の先生の場合、週に1回受講して月に4回になるので、195円×4回で月額780円(税別)になります。受けた分だけしか料金が発生しないのでお金が無駄になることがありません。

また、自分が使い慣れている教材を持ち込むことができます。自分の合った先生を探すためのトライアルレッスンが無料で何回でも受けることができます。生徒のことを考えたサービスと言えるでしょう。

  • 月間定額ではなく1レッスンごとの回数後払い制
  • 完全固定レッスン制で曜日と時間を決められる
  • 自分が使いたい教材を持ち込むことができる
  • 先生を変えられるトライアルレッスンが無料
╲ 詳細はこちら /

英会話パスポート

英会話パスポート初心者専門女性限定のスクールです。初心者の大人の女性を対象にした日本人女性講師によるマンツーマン個人レッスンをオンラインで提供しています。

合格率10%以下の面接を通過した日本人女性講師がレッスンをしてくれる担任制。そのため、初心者でも安心してレッスンを受けられます。

料金は入会金10,000円(税抜)の他に月会費3,000円(税抜)とレッスン料60分2,500円がかかります。

  • 初心者専門女性限定
  • 日本人女性講師によるマンツーマン個人レッスン
  • 同じ講師がレッスンを行う担任制
  • 入会金、月会費、レッスン料がかかる
╲ 詳細はこちら /

最後に

英語の勉強方法はさまざまです。英会話教室へ通うだけではなく、本や映像で英語に触れる機会を増やすのも重要だと思っています。

今はオンラインでの英会話教室が充実しています。実際に教室がある場所へ行かなくてもいいので時間の節約になりますし、自分の都合に合わせて勉強することができます。

それらを利用して少しでも多くの英語を学んでください。そうすることで少しずつ英語が身につくことでしょう。

よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました